八尾市人権・啓発ポスター

八尾市人権・啓発ポスター

さて本日回答を得てきました。
ポスター作製したのは、人権フォーラムでこの組織は、ボランティアでは無く、市民からの公募であり、作文の提出程度で組織に入る事が出来ます。ですから明らかに外国人であろう人が入っています。
私はここで、組織構成員の審査が杜撰であると
この八尾市にたった1日住んでいた人でもなれる可能性がある。

八尾市のまちづくりというのなら少なくとも居住しており、その年数もフォーラムの委員となれる条件としなければならないと伝えました。

ポスター作製したのは人権フォーラムで八尾市は承認しているだけとの事だが、選挙権ほしいとの文言はあまり考えずに認めたと話されましたので、政治的主張となるため、控えるべきと伝えました。

そもそもこのポスターは、機能していないと。
何を主張したいのかハッキリしない。多様性という便利な言葉を使い、要求の門戸を広げている。
その主張も色遣いで読めない。
八尾市がこれらの主張をすすめていくと間違ったメッセージを市民に伝え、人権フォーラム委員らは、主張が正しいと認識するのでは?
と伝えました。

今回のポスターに関して差し替え、文言の消去を訴えましたが、対応することにハッキリとした回答はありませんでした。
私のように意見をいう人がいないと
やりたい放題にされますよ。

令和元年5月22日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です